カテゴリー
  • カテゴリーなし

postheadericon 3Dプリンターの近代技術

一般的に知られるスキャナーやプリンターというのはパソコンから取り込んだ画像を用紙媒体にプリントするプリンターや、パソコンに取り込むためにスキャンするスキャナーが殆どではないでしょうか。
実際に用紙媒体のイメージが強く、ちょっと進化したものとして、CDレーベルに直接書き込んだり、変形状のものに書き込んだりできる、ちょっといいプリンターが殆どだと思われます。
しかし近年、3Dプリンターというもので、様々な企業やグループで色々な業務速度の効率化や、クライアントに向けたプレゼンテーションで使われたりします。
これは、CADという3Dグラフィックからスキャナーで取り込んで、立体模写、それを3Dプリンターで模型化するものになります。
イメージとしてはCADどで描かれた3Dの画像をそのままプラモデルのように立体造形してくれると言うシステムです。

なんという高性能。文明の進化はもはやここまで来たのかと考える事が出来るのではないでしょうか。
実際に3Dプリンターでは色々なものを色々な用途に合わせて造形する事が出来て、大きな企業や事務関係でとても重宝されていると言っても過言ではないでしょう。
スキャナーのイメージを3Dとして取り込んで3Dプリンターで具現化できる事で、今までの作業からの効率度は格段に進歩したと言えます。

OUT LINK

3Dスキャナ利用するなら【株式会社キーエンス】
選ばれている3Dプリンター|3D depot
3Dプリンター出力のことなら;リデスタ